パーツ別ケア

パーツ別ケア

目元

神聖な花嫁は涙さえも美しく

たっぷりマスカラで目元ぱっちりメイクをしても、涙で目元が真っ黒に…という先輩花嫁も。
まつ毛エクステなら涙が出ても大丈夫。
伏せた目や涙さえも美しく見せることのできるエクステで、一生に一度きりの輝く瞬間を演出しましょう。
顔

透明感のあるうるツヤ肌で、
輝くような笑顔を

絶対に避けたいお顔の肌荒れですが、一大イベントの準備が大変で、ニキビ・むくみ・クマ・くすみなど当日にはお肌がボロボロ…なんて事も。
まずは、お肌の基礎を整えていきましょう。その後、トラブルに合わせて角質・毛穴・美白・小顔・たるみなどをケアしていきます。プロのテクニックと特別な空間で、リラックスしてホルモンバランスを整えることも大切です。
二の腕

ドレスを着るなら必須のケア

動かす度にたぷたぷ揺れる二の腕。写真に写ると実際より膨張してたくましく見えてしまいます。二の腕だけでなく、ワキや背中までのトータルケアで、むくみ・たるみ・脂肪をすっきりケア。
ひじの角質・黒ずみケアも忘れずに。
背中

自分では見えない後ろ姿こそ
重点的にケア

写真撮影時などにゲストに間近で見られる背中。お顔に比べて汚れが溜まりやすく肌荒れしやすい箇所なので、ニキビ・シミ・毛穴など肌トラブルに合わせたケアをしましょう。また、意外に気がつかない背中のうぶ毛もキレイにケアすることで、明るくつるすべ肌に。自分では手が届かない背中はプロにお任せ下さい。

[気になるシーン]

 ○ゲストとの写真撮影
ワキ

ムダ毛・黒ずみをケアし、
自信を持って腕を上げよう

ワキのムダ毛はもちろん、カミソリや毛抜きなどの自己処理による黒ずみやプツプツは徹底的にケアしましょう。プロのムダ毛ケアと美白トリートメントで堂々と腕を上げる準備をしておきましょう。

[気になるシーン]

 ○ブーケトス
 ○ケーキカット・キャンドルサービス
 ○乾杯
ハミ肉

ワキからハミ出たぜい肉撃退で
ビスチェのラインを美しく

ビスチェにプニっとのった憎きお肉。ワキや背中に流れてしまったお肉を本来あるべき位置に戻しましょう。スリムな方も要注意!たるみ、日頃の姿勢、合わない下着などで崩れたラインをケアすることで、さらに美しいドレスラインに。
デコルテ

透明感とツヤで顔色を明るく魅せる

普段着と違って、ウエディングドレスでは露出することの多いデコルテ。紫外線のダメージや角質を取り除くことで、スポットライトがあたった時の輝きがUPします。
そして、意外とむくんでいることに気づかないのもデコルテ。キレイな鎖骨を魅せるためにも、デコルテから首、肩までをしっかりほぐして老廃物を排出させましょう。

[気になるシーン]

 ○入場シーン
 ○テーブルから見えるデコルテ
バスト

ふっくらバストでランクアップ

ビスチェタイプのドレスが主流な今、注目されているのがバストケア。脇や背中に流れてしまったお肉をぐいぐいと元に戻してあげることで、本来の美しいバストに。
そして、体に合ったブライダルインナーを着用することで、美しいバストラインをキープすることができます。
ヒップ&ウエスト

女性らしいS字ラインでドレスを
美しく着こなす

ぽっこり&ずん胴お腹。痩せているのにくびれがない、という人も必見!熟練のハンドマッサージと、マシンケアで冷えて固くなってしまった腰回りのお肉も、むくみをとりながらキレイなくびれを形作っていきます。そして、体に合ったブライダルインナーを着用する事により、しなやかなS字ラインでドレスを着こなします。マーメイドラインのドレスの方は、年齢とともに崩れがちなヒップの引き上げと横に流れてしまったお肉寄せがおすすめです。
ハンド

結婚&婚約指輪を引き立てる指先

指輪交換やキャンドルサービスなどでゲストやカメラマンが注目する手元。後で写真を見てショックを受けるのはもちろん、目の前にいる彼を幻滅させない為にも、指先のケアは大切です。
美白、角質ケアとむくみケアで、花嫁にふさわしい指先を演出しましょう。そして、ドレスや会場に合わせたデザインのネイルアートは、センスの見せ所です。

[気になるシーン]

 ○指輪交換
 ○キャンドルサービス
フット

出来る花嫁は足元までぬかりなく

隠れていると思いがちですが、ドレスの裾を持って階段を下りる時などにチラッと見える足元。お洒落な花嫁は、ハンドネイルやシューズに合わせたネイルも楽しみましょう。そして、お色直しや2次会で人気の高い、ミニ丈のドレスには、むくみや膝の黒ずみをしっかりケアして、美脚に。
HOME > パーツ別ケア